住宅街

外壁のリフォームをする前に知っておくべきポイント

家と車

リフォームをすることが多い場所に外壁があります。外壁のリフォームをには補修や塗装、そして新調するの3つの方法があり、費用の相場は低くて20万円、高いと300万円を超えてきます。
このような差があるのは、単に補修をした場合はそれほど時間を要することもないので人件費がかかりませんが、新調となるとすべてやり直さなくてはならず、人件費はもちろんのことサイディングなどの費用もかかってくるためです。

具体的な費用としてはひび割れた部分や剥離してしまった部分を補修する場合、シーリングのみであると25万円から30万円程度です。塗装は建物の大きさにも関係しており、塗る部分が多ければ多いほど塗料を多く使用するので80万円から150万円となります。ただしシリコン製の樹脂塗料を使用することが多いですが耐久性は5年から7年であるため、その期間を過ぎると再び塗りなおさなくてはなりません。

最も費用が掛かるのが張替えや重ね張りを行う新調です。外壁をモルタルからサイディングに変更したいと考えた場合、150万円から300万円ほどとなります。近年の住宅はサイディング外壁が主流であり、モルタル外壁はほぼ見なくなりました。耐久性は約20年と長いのですが、人気がなくなっているのは、モルタルはコンクリートと砂を配合して塗ったものであることが原因となっています。強度が高い反面のっぺりとした印象となってしまうからであり、デザイナーズ住宅が増えていることも一因です。

サイディングは壁の広さに応じてカットしたボードを張り合わせるのみでよく、簡単に施工できるため、全国で普及しています。大きく分けて窯業系、金属系、木質系そして樹脂系の4種類があり、主流となっているのが窯業系です。この窯業系は耐震性と耐火性に優れている他、木目調やレンガ調などのデザインがあるので、自由度があります。ただし継ぎ目がある分打ち直しなどを行う必要があり、10年周期でメンテナンスを行う必要があります。

外壁のリフォームを大規模に行う場合、モルタルにするのかサイディングにするのかをまず考えます。モルタルは高級感があるものの手間暇をかけて塗るので時間がかかり、その分費用もかかります。サイディングはあっという間に施工完了となり、低価格で済むものの定期的なメンテナンスは必要です。ですがデザインも豊富にあり、今までとは違った家を作ることができるので、ガラッと雰囲気を変えたい場合はサイディングを選ぶようにします。

関連記事
noimg
自分でDIYリフォームは可能?【メリット・デメリット・準備】

費用が多くかかるリフォームは、ある程度資金をためておかないといざという時に開始することができません。費用がかかるのでちょっとしたものであれば...

記事を読む

noimg
断熱リフォームをする前に知っておきたいポイント

1年を通じて快適に過ごすには断熱と気密性がとても大切です。気密性が高い家とは外の空気が家の中に入ってこない住宅を指しており、このような断熱を...

記事を読む

住宅街
家のリフォームでもらえる補助金・助成金とは

リフォームはどのような場所をどの程度行うかによって費用が異なってきます。大規模であればあるほど多くの金額がかかり、新築を建てた方が良いのでは...

記事を読む

noimg
火災保険でリフォームは可能?【トラブル回避】

家を建てる際火災保険に入ることが多いです。火災保険は火事の時のみ保険が下りると考えている人が多いですが、実際には風水害や雪害などの自然災害に...

記事を読む

noimg
リフォームローンの選び方【おすすめ】

リフォームは行う場所や規模によって費用が異なりますが、金額が多くかかる場合リフォームローンを検討します。リフォームローンと一般的な住宅ローン...

記事を読む

お風呂
お風呂のリフォーム【費用相場は?】

外壁に次いで多いのが水回りのリフォームです。水回りは日常使用する場所であるので、設備に不具合が生じることが多く、気が付いたときにすぐに直さな...

記事を読む